朝ドラのタイトル「ん」伝説

2018年上半期の朝ドラヒロインが発表されましたね。

主演は「UQモバイル」のCMで観たことある人も多いのではないか、永野芽郁ちゃん。脚本家は「オレンジデイズ」などヒットメイカー、北川悦吏子さん。

タイトルは「半分、青い。」

 

 

時代は高度成長期の終わりから現代まで。

左耳の聴力を失ったヒロインが岐阜と東京を舞台に切磋琢磨していくという。

 

 

 

 

永野芽郁ちゃん、「あまちゃん」の能年玲奈さんに似ていると言われてますね。

能年玲奈さんはかなり個性的なので性格や動きが似ているとは思いませんが

顔は確かに似ているなーと思います。

のんの演技がみたいなー

 

 

 

ちなみに2017年後期の朝ドラヒロインは葵わかなさん。

実は永野芽郁さんも葵わかなさんも所属事務所はスターダストプロモーション

 

 

そんなこんなで朝ドラのWikipediaを観ていたら気になる項目が 

 

おはなはん』以降、「」がタイトルに含まれる作品は文字通り「」が付くなどから、高視聴率になるというジンクスがあるとされ「ん」がタイトルに含まれる作品は5割を超えている。

 たしかに多い。

 

あまちゃんカーネーションわろてんか、マッサン…

「ん」をつけるの前提でタイトルぎめが話し合われてるんかな。。。

 

 

 

 

日本はなぜタレントCMが多いのか?②

続き

 

日本でもあえてTVCMにでないタレントもいるという。

 

例えば俳優。自分の役の幅が狭くなるからだ。

めちゃくちゃ凶悪な役のオファーがあっても、クリーンなCMキャラクターに出ていると両立できない。

 

毒舌なコメンテーター。

例を挙げると、上沼恵美子さんがそうらしい。

TVCMに出ると自由に毒舌をはけないから。

 

では有吉やマツコ・デラックスは毒舌なのに多くのCMにでてる。

当てはまらないではないか?という疑問、反論がでるかもしれないが、

どちらも毒舌ではあるがそれは毒を吐くような悪口というよりも

ハッキリと自分の意見を言うタイプであり、権力者や政府に悪口を言うタイプではない。ましてバラエティのなかで、同業者つまりはタレントに悪口を吐くのであって

問題はない。むしろそのスタイルで好感度が高い。

 

 

 

しかし、どうもソースがない記事なので詳しく勉強して後にリライトします。

ただインプットにはアウトプットなので書きました。

メモメモ。

 

Amazon

「買いたがる脳 なぜ、「それ」を選んでしまうのか?」

デイビッドルイス

「人を動かす」広告デザインの心理術33 ―人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力

ルクアンドルース

 

 

日本はなぜタレントCMが多いのか?

日本は「タレントCM」が多い。

俳優・女優・アイドル、芸人まで、あらゆるタレントCMがTVで流れている。

タレントが全く出ないCMは珍しいぐらいだが海外のTVCMだとタレントCMは

全体の10%にも満たないという。

 

ではなぜ日本はこうまでもタレントCMが多いのか。

それは多くの人が共感できるであろう

「好きな人が使っているものも自分を使いたい!」という心理にある。

 

例えばSMAP木村拓哉、キムタクのドラマが全盛期。彼が着ていた服は

たちまち売り切れ高値が付いたという。

 

ではなぜ好きな人が使っているものを自分も真似したくなるのだろうか?

これは人間の本能、「ミラーニューロン」が原因だという。

子どものとき、親の行動や言動をみて真似することで行動や言語を覚えていく。

この特性がなければ人間は成長していけないわけである。

 

それを利用して、人気のタレントを使ったCMを作られていく。

だからCMというのはタレントの好感度が重要なわけだ。

 

 

では外国ではなぜタレントCMが少ないのか。

外国人はタレントが出ているから自分も使おうと思わないのである。

また日本のTVCMは他の仕事より高額ギャラであるためこぞってタレント及び

芸能事務所が出させたい。

 

だが海外のスターはCMよりも稼げる方法はたくさんある。

アメリカでスターになることは世界的にも名を馳せることと同義である。

1つの曲が売れれば、世界中で売れる。映画も世界的に配給されるのでギャラも高額だ。

 

 

続く

 

海外タレントは

 

 

 

それは「」

ブログを毎日書くこと

まあまあのドルヲタです。

欅坂46、乃木坂46、私立恵比寿中学が好きです。

アイドル雑誌もよく読みます。

BRODY overture,隔月

B.L.T, B.L.T graph,EX大衆を読みます。

 

アイドルブログをチェックします。

私立恵比寿中学、略してエビ中は7人。

欅坂46はアンダーメンバーのけやき坂46(ひらがなけやき)は46人。

乃木坂46は知らんけどいっぱいいる。

そんな大勢いるもんだから「グループの」ブログは毎日更新される。

 

でも僕の「推し」はあまりブログを更新しない。

乃木坂46だと白石麻衣

欅坂46だと渡辺梨加

私立恵比寿中学だと中山莉子

 

最近はブログよりツイッターInstagramのほうが発信に使われているけど

公式でSNSアカウントを持っているアイドルは少ない。

ブログと違って、マネージャーが発言を検閲しづらいからだろう。

実際、大島優子がインスタライブでの動画配信について後に謝罪している。

 

まあそんなわけでアイドルの発信の場としてファンにとってブログってのはとても貴重なわけだけだ。ただあまり更新されていないのを見ると「更新せんかい!」と憤ってた。対して、毎日ブログ更新するアイドルのありがたみはなかった。

 

いま自分がブログを更新する立場になって、毎日ブログを更新することの大変さを知った。

 

まあ要するに菅井友香ちゃんは偉大。

 

以上。

竹内由恵がかわいすぎる。

高校生の時に観ていたミュージックステーションの司会アナウンサーは竹内由恵だった。

 

もちろん今の司会の弘中綾香も申し分なくかわいい。

ただたまたま今日、夕方に帰路に着き、久しぶりに夕方ニュースを観ていて久しぶりに竹内由恵をみたのだが、かわいい。もう31歳か。ミス慶応のときの写真が一番かわいい。

 

話は変わるが、アニメやマンガでよくある犬の尻尾をふんでしまい、怒った犬においかけられることがよくあるが。実際にありえるのだろうか。

「クゥン…」ってな感じであっちが逃げていくんじゃないか。

というか犬の尻尾は踏まんやろ。踏んだことないわ。

 

というかドラえもん観ててこれ書いてるのだけど

ネズミがしょっちゅう部屋に出てくるのび太の部屋って汚すぎないか。

 

クレヨンしんちゃんの野原ひろしが会社づとめをしているのは分かるけど、というか実際に会社にいるのよく見るし、でものび太パパはなんの仕事してるか不明だよね。

でもこういうアニメについて本気で考えるのって中学生までだよね。

子供のなんでも受け入れられる能力って貴重だよね。

久しぶりにドラえもん観てるとそんなことを考えてしまうことが分かった。

昔はこの金曜の夜ってわくわくしてたなー。部活とかやってなかったから土日が好きだった。

 

以上。

恵比寿

 

エビ中が好きです。

正式名称、私立恵比寿中学。女性7人のアイドルグループ。

ライブ、イベント、グループコンセプト、なにかにつけて「中学生」がテーマで

楽曲も中学生の葛藤、悩み、ふざけ具合を表しているのだが

その曲の質がかなりイイ。クセが強いけど何度もきくとハマる。と思う。

またクリープハイプ、レキシ、YogeeNewWaves、岡崎体育ヒャダイン

杉山勝彦、TAKUYA(JUDY AND MARY)といった豪華なメンツが楽曲提供しており

おもしろい。

 

でもある時期から聴いたりみたりすると泣いてしまうから

あんまり聴けなくなってたんだけど、友達に薦められた

新しいアルバム「エビクラシー」の「紅の詩」(柏木ひなたver)を聴いてみた。

相変わらず、言葉遊びの強いおもしろい歌詞、エモいメロディ、そして

ひなたの歌い上げ、最高だった。

 

アイドルの楽しみ方ってダンスとか握手会とかライブのコールとか

いろいろあるけど、そのひとつに成長を見守れることがある。

エビ中のライブは、その中学生制度にのっとり「学芸会」と呼んでいるんだけど

最初のうちはダンスも歌うのも下手でいわゆる学芸会だったんだけど

みんな上手くなってる。

 

でもまだ前みたいに完全に楽しんで聴くには時間かかりそうだけど

やっぱり、いいなあエビ中。いまアルバム聴いてる。

悲願のオリコンウィークリーチャート1位取れたということで本当におめでたい。

よかったな~。嬉しい。

 

 

自己紹介

 

今、YoutubeTBSラジオの「ハライチのターン」を聴いてはじめてのブログを書いている。

 

大学4年生、就活中。内定はまだない。単位はなかなか残っている。

 

面接がいきなり入るので、アルバイトを入ってないので金欠ぎみ。

 

趣味は映画鑑賞、読書だが現代で映画や本にまったく触れない人の方が珍しい。

しかし他に趣味と言えるようなものがない。

 

好きなラジオ番組は「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

         「星野源オールナイトニッポン

         「ハライチのターン」

         「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」

         「あ、安部礼司

 

好きな邦画 園子温ヒミズ

      中村義洋アヒルと鴨のコインロッカー

 

好きな映画監督

小津安二郎中村義洋ドゥニ・ヴィルヌーヴ西川美和是枝裕和

フランシス・フォード・コッポラマーティン・スコセッシ今村昌平

 

好きな俳優

瑛太

 

好きな女優

橋本愛

 

好きな洋画

「道」「パイレーツロック」「偽りなき者」「ブレードランナー

 

好きな小説家

中村文則西加奈子伊坂幸太郎村上春樹安部公房歌野晶午

大江健三郎湊かなえ

ドストエフスキーカミュカート・ボネガットジェイン・オースティン

J,Dサリンジャーツルゲーネフレイモンド・カーヴァーレイモンド・チャンドラーリチャード・ブローティガンディケンズ

 

 

読む雑誌

popeye、メンズノンノBRUTUS、BRODY、overture